スペシャリストとゼネラリスト

最近は、スペシャリスト(専門職)が良いという風潮が大きくなっていると感じます。

 

「好きなことで生きていく」もある意味スペシャリストですし、就職でも特定の技術職(特にITなど)の募集があったりします。

 

今の世の中であれば、何か強みがあると、その能力を使って自分の力で生きていくことが可能です。

 

しかしこれまでの日本社会では、スペシャリストよりもゼネラリスト(総合職)が求められていました。いわゆる、何でもそつなく出来る人です。

 

日本は起業する人も少なくて、多くの人が会社に入っていたので、その結果色んなことをやらなければならなかったからです。

 

 

そして私ですが、専門職で就職をしているので、おそらくスペシャリストに当てはまります。

しかし実際に働いてみると、やはりある程度のゼネラリストの能力も求められています。

 

最も大きいのは、人間関係だと思います。コミュニケーション能力とも言えます。

どんなに正論で良いことを言ったとしても、関係性が出来ていないと、話が通らないことは多々あります。

 

上司を怒らせると大変です笑

 

つまり、頭が良くて特定の能力が高いだけでは、サラリーマンとして成功するとは限らないということです。

 

もちろん、大きい会社ではその特定の能力が大利益を生むこともあるので、大成功する可能性もありますが。

 

ただ、自分のやりたい仕事があってその能力が高かったとしても、会社ではずっとその仕事だけを出来るわけではありません。利益が出ず、撤退するかもしれませんし。

 

 

そうなると結局、スペシャリストとゼネラリストは、どちらがいいのでしょうか。

 

・・・分かりません。笑

 

 

普通のサラリーマンの私としては、まず、スペシャリストであるべきで、それにプラスして、ゼネラリストの能力があったほうがいいと思っています。

 

カタカナのせいでえらそうに聞こえますが、学生のときに自分の専門分野をしっかり勉強しつつも、友達と遊んだり、スポーツしたり、アルバイトしていたらいいという感じです。

 

勉強だけをしておけばいいとは思いません。

色んな人に会って、色んなことに挑戦して・・・自分の子供にもそうなってほしいなと。

 

実際にサラリーマンで「デキル人」をみると、何かに特化した能力も高いけど、それ以外の業務でも、しっかりこなしている印象があります。そして人当たりもいいですし。

 

残念ながら自分はそうではなかった笑

 

でも今からでも遅くはないと思っているので、

まずは自分のスペシャリストの能力を高めつつ、色んなことにチャレンジして、ゼネラリストの能力も高めていけるように頑張ります。

 

好きな本を友人と持ち寄った

私は本が好きで、よく色んな本を買って読みます。

このブログでもいくつか紹介しています。

 

ただジャンルはけっこう偏っていて、生物・科学系やビジネス・起業、スポーツ関連などが多いです。

 

最近は育児本を読むことを目標に掲げていますが。

 

逆に、小説や芸術、暮らしなどのジャンルはあまり読みません。

 

興味が無い本を無理して読む必要はないですが、読まない本の中にも自分が知らない良書はあるんだろうなと常々思っていました。

 

ネットで調べたりすると、オススメと書かれた本が山ほど出てくるので、

正直どれを読んだらいいか分かりません。

 

そこで少し前の話ですが、違う会社で働く友人にお願いして、

カフェに好きな本を持ち寄ろうと提案してみました。

 

おススメな本ではなく、あくまで好きな本です。

 

なんとなくですが、好きな本って、その人を現すような気がするんですよね。

 

なので、その友人がどんな本を好きなのかも興味がありましたし、

それがどのジャンルであっても、その本を読んでみようと決めていました。

 

そのときの参加者は、男女2名ずつで20-30代でした。

それぞれのバックグラウンドは違っていて、研究系、営業系、IT系、総合系の職種です。

 

便宜上、男性A、B、女性A、Bとします笑

 

男性男A(私)

 

 

私が持って行った本は、選択の科学という本です。

 

 

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

 

 

 

私は「選択」に興味があります。

 

自分の短い人生を振り返ったときに、

いくつかの岐路で、自分で決めた道とそうでない道がありました。

 

自分で選んだ道では他の人から反対を受けたりもしたけど、自分を追い込むことができたし、結果によらず後悔がほとんどありません。

 

しかし周囲に流されて選んだ道では、頑張りも足りなったし、若干の後悔とかが残っている気がするんですね。

 

この本はそのような「選択」を科学的に書いてあります。

 

著者は全盲のカナダ人女性なので、世界的な話題が切り口になっています。

日本人とは考え方が違うような話も出てきます。

 

「選択」とは生き物の本能だそうです。

 

それは創られたり、強制されたり、左右するものがあったりと、ビジネスにも使えそうな話題もありました。

 

科学的でページ数も多いですが、内容は読みやすくて、わかりやすいです。

 

女性A

 

 

「バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌」という本でした。

 

 

バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌

バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌

 

 

  

女性A:「バウル」って知ってる?

 

一同:「いや、知らない!」

 

女性A:「バウルってさ、バングラデシュの地方で放浪しながら歌う人達なんだよね~」

 

一同:「へぇ~」

 

この本は、元国連職員である著者が、バングラデシュを12日間旅したノンフィクションの話になります。

 

バウルとは、バングラデシュベンガル地方で村から村へ歌いながら放浪し、生計を立てている人達で、伝説の人物であるラロンという人から受けついだ教えを歌っているのだそうです。

 

歌というのも普通のポップなものではなく、宗教のような、哲学のような・・・人生のようなことを歌っているようです。

 

著者が一人の女性として、自分を探しながら、少しずつバウルに近づいていく内容になっており、非常に読みやすいです。

 

私はバングラデシュも行ったこともないので、旅行記としても面白いと感じました。

 

男性B

 

 

「世界の駅」という本でした。

 

 

世界の駅―Stations

世界の駅―Stations

 

 

 

名前の通り、世界の駅の写真が集められた本です。

 

これはすごく良かったです。

 

このシリーズの本は、駅以外にも空港や住宅、様々なテーマがありました。

私はそれらもざっと立ち読みしました。笑

 

でもやはり「駅」が面白いなと思いました。

 

その友人も言っていましたが、駅がその国を現していると。

 

本当にそうだと思います。

 

私の場合はさらに、駅とその国の人達が一緒に写っている写真が特に好きでした。

 

ちなみにこの「世界の駅」という本はすでに絶版となっており、現在は「新・世界の駅」という本が出版されています。

 

新・世界の駅

新・世界の駅

  • 作者: パイインターナショナル
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2017/02/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

こちらも良かった!

いつか鉄道で世界を回ってみたいです。

 

女性B

 

「君の膵臓を食べたい」という本でした。 

 

これはすごく話題になりましたし、映画化もされたので知ってる人も多いと思います。

 

私も名前は知っていましたが、読んだことはありませんでした。

 

読んでみて、面白かったですし、感動しました。

題名の意味も分かりましたし、予想外の展開もありました。

 

ただ・・・正直、よくある話かなーと思ってしまいました。

すみません。

 

ベタに感動したいと思ったときには、期待を裏切らないストーリーです。

 

以上が、4人で持ち寄った本でした。

 

 

今回の会の感想ですが、すごく楽しかったです。

 

そして、やっぱり本はその人を現しているなと改めて思いました。

この友人がこの本が好きって聞いて、なぜか納得できてしまいましたし。

 

あとこういう機会がないと、今回の本(特に女性陣の)を私が選ぶことは無かったはずです。

 

だから新しい本に出会えたということで、非常に良かったです。

 

 

友人だけではなくて、知らない人や年代の離れた人ともこういうイベントがあったらいいなと思いました。

祖父から孫への10年後のプレゼント

少し前に私に子供が生まれてから、私の父が孫にいつか読ませたい本があると言ってきました。

 

 

そう言って、袋に入れて封がされていた本を3冊渡してくれたんですが、中身は教えてくれませんでした。

 

しかしその中の1冊が「君たちはどう生きるか」という本だとだけ、なぜか教えてくれたのです。

 

そこでせっかくなので、私も文庫本を買って、実際に読んでみました。

 

うーん。。

 

申し訳ないですが、私には内容があまり響かなかったです。

 

けっこう当たり前というか、ここに書かれている内容については、本を読まなくても現実の社会から学んでほしいなと感じました。

 

あくまで個人的な感想です。

 

しかし、この本を私の子供が読んだらどう感じるかはわかりません。

 

それよりも何よりも、祖父が孫にプレゼントしてくれたところに、私は大きな意味を感じています。

 

私自身も嬉しかったです。

 

読むのはきっと10年後くらいになるだろうと、そしてその時にその本が無いかもしれないからと、祖父が先に購入して私が受けったのです。

 

せっかくの嬉しいプレゼントなので、約10年間しっかり保存しておきたいと思いました。

 

どうやって保存したらいいかなと調べてみると、紙類の保存の天敵は湿気だと書いてありました。

 

色々調べた結果、乾燥剤を入れたプレスチック容器が良さそうだったので、「ドライボックス」と「乾燥剤」を購入しました。

 

 

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 防湿庫 カメラ保管 8L グレー DB-8L-N

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 防湿庫 カメラ保管 8L グレー DB-8L-N

 

 

大きさも8Lくらいでちょうど良かったです。

 

一般的にはカメラのレンズを保存するための物みたいですが、

湿度計も付いていて、値段もそれほど高くなかったので、私はこれを使用してみることにしました。

 

あと、もともと乾燥剤が入っていましたが、強力そうな物を追加で買いました。

 

HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

 

 

1袋で4つ入っており、1つあたり8か月程度もつそうです。

 

これでお手製の本の保存用ボックスが完成しました。 

本以外でも、手紙などにも使えそうだなと思いました。

 

今後本の保存状態がどうなるか分かりませんが、またいつか子供が読むころに、しっかりと保存ができていたかどうかを報告したいと思います。

 

ちなみにあと2冊の本は何だろう・・・

それも分かるのは10年後かな?

 

おじいちゃん(私の父)ありがとう!

 

これから1年間で育児本を10冊読む

ある方の育児ブログを読んでいて、娘が1歳になるまでに10冊の育児本を読みますと書いてありました。

 

それはすごく良い考えだなと思ったので、私も真似してこれから1年間で育児本を10冊読むことにしました。

 

そしてこのブログで報告したいと思います。

 

 

 

育児本と書いていますが、広い意味で子供に関係あれば良いと考えていますので、例えば、子供のためになりそうであれば何でもOKとします。

 

実は、もうさっそく本を3冊購入して、同時に読み進めています。

 

その中の1冊がこれです。

 

 

ヨチヨチ父 とまどう日々

ヨチヨチ父 とまどう日々

 

  

 

真似させてもらった方のブログで紹介されていて興味を持ったので、1冊目はこれにしようと決めていました。

 

題名の通り、ヨチヨチ父のとまどう日々が、絵とともに描かれています。

 

まるで自分のようでした笑

 

非常に共感できる内容が多くて、みんな同じなんだなと安心しました。

 

 少し前になりますが、私も初めて父になりました。

 

初めてのことばかり、どうしていいかも分からないし、何が正しいのかも分からなかったです。

 

今思うと、良い父親になりたいと肩に力が入り過ぎていたんだろうなと思います。

(まだ少し肩に力が入っていますが笑)

 

そして妻と子の絆の深さに、少しだけモヤモヤしたこともありました。

 

でもそれはしょうがないですよね。

 

私の場合は、やっぱり妻(母親)のほうが大変だと感じていますし、その分だけ子供が妻を大好きになっているんですね。

 

・・・もちろん、父親も好かれたいですけどね笑

 

初めて父親になって、普段あまりそういう育児経験などを話す機会がないような方は、

一度この本を読んでみると楽になるような気がします。

 

ヨチヨチ父 とまどう日々

ヨチヨチ父 とまどう日々

 

 

自分だけではなく多くの父親が同じように、とまどいながら頑張っているんですね。

 

これから私も、妻と子供と一緒に日々成長していけるように頑張っていきます。

 

またこれから育児本を読んだら紹介していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

2009年と2018年の本の比較「時間とは何か」

今から約9年前の2009年に、科学雑誌ニュートンの「時間とは何か」という本を購入しました。

 

普段は科学雑誌などを買わないのですが、当時の私は題名を見て、面白そうだな思った記憶があります。

 

時間って何なんでしょうか。

 

 

私たちは時間について普段は深く考えることなく、しかし時計の時間に従って過ごしていますよね。

 

2009年に購入したこの本では、時間の謎や時間の正確な計り方、相対性理論による伸縮、エントロピーによる時間の方向性、物理学者のインタビューなどが書かれていました。

 

科学雑誌ニュートンには、通常版と別冊版があり、2009年に購入した本は通常版で、1000円で約40ページ分書かれていました。

 

一方、先日見つけて購入した2018年の別冊ニュートンの「時間とは何か」は、1800円で約200ページ全てがその内容でした。

 

 

 

 

 

 

2018年版は5章から成り、心・体の時計、時間の正体、アインシュタインの時間論、タイムトラベル、暦と時計、と内容も大きく濃くなっていました。

 

楽しい時間は早く過ぎる、スマホによる体内時計の乱れ、タイムトラベルに関する考えなどの話は、分かりやすく面白かったです。

 

少し難しい物理学の話もありましたが。

 

しかし残念なことに、2018年版の第2章では、2009年版の内容がほぼそのまま使用されていました。

 

別冊ニュートンなので、通常版のまとめ的な本なのは分かりますが、教授のインタビューもそのままでしたので、新しい理論や考えなどが追加されていてもよかったのかなと思いました。

 

ちなみに2018年版に、2009年版の引用についてしっかりと記載されていました。

 

ところで、10年前を振り返ってみると、あのときとは変わったよなーと思うことがたくさんあります。想像していない未来がきていますよね。

 

断捨離の一環で本を減らしたりしているんですが、こうやって昔の本を残しておくのも面白いなと改めて思いました。

 

ただ残念ながら、今回の2冊の本ではその変化を感じられなかったんですがね笑

 

少し話がそれていますが、

 

この2冊の内容については、どちらもカラーで図解してあるので、時間に関する難しい理論も非常に理解しやすくなっています。

 

Newton別冊『時間とは何か 新訂版』 (ニュートン別冊)

 

今まで何気なく使っている時間について、

「時間って何だろう」と考えてみたい方には、一読おススメです。

 

 

就活について書いてみる

早いものでもう何年も前になりますが、私の就職活動について振り返ってみようと思います。

 

今の時代の参考になるか分かりませんが、当時は泥臭く頑張りましたので。

 

結論から言うと、

 

30社受けて→19社(エントリーシート合格)→10社(一次面接+筆記等合格)→5社(二次面接合格)→2社内定

 

でした。

 

就活を始めた時期が遅かったこともあり、量よりも質を重視して企業を絞って受けました。

 

ちなみに、いわゆる大企業しか受けていませんが、今思うともっと色んな企業を受けておけば良かったです。

  

 

目次です。

 

エントリーシート作成は早い方がいい

・面接では自分の軸を

・グループディスカッションは全滅

・企業に合う合わないがあると思う

 

エントリーシート作成は早い方がいい

先ほども言いましたが、私の就職活動スタートは周りよりも少し遅かったです。

 

とりあえず合同説明会に参加して、周りの真剣さに圧倒され、その日に携帯をガラケーからスマホに変えたことを覚えています。

 

スマホがないと、移動先で予約とかできないから笑

 

間違いなく、早く動いたほうがいいです。

 

その日から興味がある企業を調べてみることにしました。

と言っても、名前を知ってる大企業ばかりでしたが。

 

それと並行して行ったのが、エントリーシートの作成です。

 

まずは何も見ずに。

 

とりあえず書いたら本屋で適当なエントリーシート本を購入し、自分のエントリーシートと比較しました。するとびっくり、ダメな例にある文章にそっくりでした

 

おそらく普通の人が普通にエントリーシートを書くと、似たような内容になってしまうんだと思います。

 

本を参考に文章を書き直して、大学の就職担当の先生や先輩に読んでもらうことにしました。

 

正直、恥ずかしかったです。

添削されると自分を否定されるような気持ちでした。

 

でも自分の文章が上手ではない事は分かっていましたし、それよりも内定が欲しかったので、そういうプライドは捨てようと決めました。

 

個人的に、就活は色んな情報を入手して、多くの意見を聞いて、自分で選択していくものだと思いました。

 

だから第三者から指摘を受けて、自分の文章が相手にどう伝わるのかを理解したほうがいいです。

 

エントリーシートは企業の人が読むわけですから、他の人に読んでもらって感想を聞くのが一番良いはずです。

 

少し矛盾しますが、最後は自分で良いと思った文章を突き通していいと思うんですよね。

 

結局は自分の就活なので。

 

エントリーシートは一つ完成すれば、基本的には使い回せばいいので、まずは一つ作るべしです。

 

そういえば、就活中に周りを見ていて思ったことがあります。

 

 

就職担当の先生や先輩にアドバイスを受けず、自分一人で乗り切ろうとした人は苦労している印象がありました。自分に自信がある人ほどそのような傾向があって、優秀なのになかなか内定が出ないなと思った記憶があります。

 

あと逆に、常に自然体で簡単に?内定をとってくる人もいました。

もしかしたら陰で努力していたのかもしれませんが。。

 

面接では自分の軸を

最初のころの面接では、色んな自己アピールをしてみたり、企業に合わせて自分を変えたりということをしていました。

 

すると、だんだん自分が分からなくなってきて、企業側にも自分の一番の強みが伝わりにくいんじゃないかと思うようになりました。

 

そこで私は、面接では自分の軸(一番の強み)を決めて、そこを中心に伝えるようにしました。

 

例えば「私は行動力がある」という強みを軸にすると、面接で話す内容は、暗にその軸に繋がる必要があります。

 

Q部活について

Aテニス部の部長で、他大学に練習メニューを聞きに行った

 ⇒行動力がある

 

Q大学の授業について

A興味がある授業は単位関係なく聴いた

 ⇒行動力がある

 

Q趣味について

A旅行で世界一周した

 ⇒行動力がある

 

このような形で、「内容=私は行動力がある」というエピソードをいくつか用意しておけば、どの企業のどんな質問がきても、同じ結論になります。

 

そうすることで、自分の強みを自信を持って答えることができるようになりました。

 

ただ欠点があるとすると、その軸(一番の強み)を求めていない企業もあるということです。

うちは「行動力がある」よりも「空気を読んで静かな人材が欲しい」という企業であれば、私は必要ないわけです。

 

一種の賭けのようですが、実際に経験してみると、

自信を持って自分の強みを伝えることができたら、何社かに1社くらいは「君のような人材が欲しい」と思ってくれる企業があるのかなと感じました。

 

でももちろん、その企業の「求める人材」などはホームページなどで見ていたほうがいいですよ。

 

 

グループディスカッションは全滅

 

4社くらいグループディスカッションがありましたが、全滅でした。笑えない笑

受けてる時点で、受かってないだろうなと感じていました。

 

グループディスカッションのときは、周りが嘘くさくみえてしまって、苦手でした。笑

一応本とか読んで対策を練ってみたものの・・・ダメでした。

 

グループディスカッションがある企業は、半分諦めて受けていました。

 

なので、グループディスカッションについて、特にコメントはありません。笑

 

企業に合う合わないがあると思う

 

面接の話題のときに、「何社かに1社くらいは君のような人材が欲しいと思ってくれる企業があると思う」と書きました。

 

逆に言うと、残念ながら残りの企業はそうでもないということだと思っています。

 

しかし中には、多くの企業に内定をもらってくる人もいるわけですね。

 

それはその人が持ってる能力や人柄などが企業に評価されるのか、その企業に合わせて自分をアピールできるのか、いくつかの可能性があると思います。

 

自分はそうではなかった。

ですので、そのような視点で書いています。

 

大勢の就活生が一斉に受けてくるわけですから、企業と自分がマッチングする確率もそんなに高くないわけです。落ちて元々みたいな。

 

とはいえ、お祈りメールはメンタルやられましたが笑

 

自分の強みをしっかり伝えて、自分を欲しいと思ってくれる企業に出会えれば、お互いが合う可能性が高いのではないでしょうか。

 

以上、私の就活のときを思い出して書いてみました。

 

 

とにかくまずは動いて、そこから自分なりの方法を見つけることが一番だと思います。

 

あと、当時の私も非常に内定が欲しかった記憶があります。しかし今を見てみると、あのころよりも大変な企業も多いし、病んでいく同僚もいました。

 

後になってみると、意外と何が正しかったなんて分からないなと感じます。

 

就職よりもその先の人生のほうが長く大変なことは間違いないので、例えもし内定がもらえなくても、別の道に進んで頑張ればいいと思います。

 

 

台湾で70過ぎのおじいさんとご飯に行った話

少し前のブログで、台湾のマラソンに参加したことを書きました。

 

 

www.futuno-sarariman.com

 

実はブログで書いた以外にも、これまでに何度か参加しています。

 

一人で海外のマラソンに参加するのは、なかなかハードル高そうですが、

意外と申し込みからマラソンまで上手くいっています。

 

今回はそのときに知り合った、70代の日本人のおじいさんとのお話です。

 

 

私が相変わらず、一人で台湾のマラソン大会に参加していました。

 

そのときに、明らかに荷物置き場を探している人がいたので、

私が身振り手振りでその方向を説明したら、

 

「ありがとう!」

 

と、日本語が返ってきました。

 

「日本人なんですねー」

 

という話から、スタートまで一緒に過ごすことになりました。

 

その方は70代のおじいさんで、一人で台湾に旅行に来ているそうです。

 

昔からの知り合いの台湾人がいるらしく、毎年一人で遊びに行っているとのこと、

そのついでに、趣味のマラソン大会に参加しているとのこと。

 

私も急に日本語で話ができて、少し嬉しかったです笑

 

お互い名前は言いましたが、その他のプライバシーには触れず、

詳しいことは聞かないという暗黙の了解、旅先の出会いだなと思いました。

 

しかしスタート直前になって、向こうからラインのIDを渡されました。

 

もしよかったら、こちらに連絡をください、と。

 

なんか、すごくないですか笑

 

ラインを交換しようではなく、自分のラインを先に渡して相手に任せるとは、

紳士的というか、慣れているというか笑

 

しかも70代のおじいさんですからね。

 

ラソンがスタートしてからは私のほうが早く走り終わり、用事もあったので、もう会うことはありませんでした。

 

 

結局、私は台湾にいる間には何もせず、日本に戻ってからラインで連絡をしてみました。

 

私のほうが若干の疑いを持っていましたが、これも面白い出会いかなと。

 

お久しぶりですと、マラソン大会の結果を報告しました。

 

すると、向こうからも返事が返ってきました。

先日はありがとうございましたと。

 

文章は今どきとは言えませんが、その年齢で普通にラインをするなんて、若いなと思いました。

 

私もその年齢になっても、その時代のSNSとかをやっているかなと考えさせられました。

 

その後は、何ヶ月に1回くらい、向こうから旅行の写真が送られたり、

ラソン大会の結果が報告されたりしました。

 

それから約1年後・・・

 

私がまた台湾のマラソン大会に参加することにしたんですね。

 

それを伝えたら、おじさんもその日に台湾に行くという話になって、

膝が痛いからマラソン大会には参加しないけど、台湾の友人に会いに行くということでした。

 

だからご飯でもどうですかと誘われて、私もせっかくだから、はいと答えました。

 

こちらの飛行機やホテルなどについては聞かれず、待ち合わせ場所もおじいさんが宿泊しているホテルと時間を指定されました。

 

ちなみにそのホテルは、台北駅近くのシーザーパークホテルでした。

 

おじいさんは、結局こちらの情報は一切聞いてきませんでした。

 

意識してそうしているのか分かりませんが、改めて、さすがだなと思いました。

 

ちなみに、シーザーパークホテルで無事に1年ぶりに会うことができ、

おじいさんが決めてくれた響食堂というところで一緒にご飯を食べました。

 

食べ放題と缶ビールなども飲み放題で、料理も美味しかったです。

 

おじいさんと知り合って、もう3年くらいになります。

 

今でも数カ月に1回くらいラインをやりとりします。

 

きっと良い人だと思うし、話してて楽しいんですが、今でも少しだけ疑心は持っています。笑