ノーベル賞のPD-1について、素人でも分かるようにまとめてみる

 

どうも、普通のサラリーマンです。

 

京都大学の本庶先生がノーベル賞を受賞しましたね。

おめでとうございます。

 

同じ日本人として、誇らしく思います。

 

ただその内容が、免疫抑制物質?PD-1?少し難しいので、

私なりに調べて、非常に簡単にまとめてみました。

 

間違っていたらごめんなさい!笑

 

免疫細胞

 

通常、免疫細胞は外から体に入ってきた細菌など攻撃して、私たちの体を守ってくれています。

 

がん細胞

がん細胞は悪い細胞ですが、様々な方法で免疫細胞から攻撃されないような仕組みを持ちました。

 

その中の1つが、がん細胞が免疫細胞を抑える(攻撃をやめさせる)ような仕組みだそうです。それが免疫細胞にあるPD-1という物質と関わっているそうです。

 

免疫細胞にあるPD-1という分子を介して、がん細胞が攻撃を抑えている図のつもり。

 

f:id:futuno-sarariman:20181002173613j:plain

 

この仕組みは本来、免疫細胞が普通の細胞を過剰に攻撃しないような仕組みとして、免疫細胞に備わっている機能(免疫チェックポイントという)みたいです。

 

つまり、免疫細胞はがん細胞を攻撃しなかったわけではなく、がん細胞が攻撃できないように免疫細胞を抑えていたのですね

 

たぶん、ここが重要な発見なんだと思います。

 

たぶん笑

 

そうと分かれば、そのPD-1という分子を抑えたら、免疫細胞ががん細胞を改めて攻撃してくれるだろうというわけですね。

 

そのお薬がオプジーボという抗がん剤になります。

 

実際はもっともっと複雑な仕組みだと思いますし、

その免疫チェックポイントに関わるたんぱく質は、PD-1だけではないことが分かっているみたいです。

 

私ももう少し勉強してみます。

 

ノーベル賞、本当におめでとうございます!