独身男性の家計簿のススメ

 

私は家計簿をつけてます。

いや、正確には、独身時代につけていました。

 

しっかりした家計簿ではなく、普通のノートに1日いくら使ったかをざっと書きます。

 

クレジットカードや電子マネーなどで買い物することが増えると、使った感覚も麻痺してきて、いつでもいくらでも使える感覚なりました。

 

・・・そういうことを考えると、あえて現金しか使わないという選択もありなのかもしれませんね。

 

ただ家計簿をつけると、現金で支払ったような感覚を与えてくれて、自分を管理してくれます。

 

私もクレジットカードも電子マネーも使っていますが、この家計簿のおかげで使い過ぎを防いでくれています。

 

では、私の家計簿のつけ方を書いてみます。

 

 

1. 家賃、電気、ガス、水道、スマホ、ネットなどの固定費を書く

2. 毎日1日ずつ使った金額を端数切り上げて書く

 (基本レシートをもらうようになったが、スマホにメモでもいいと思う)

3. 予期せぬ出費(病院、飲み会、ご祝儀など)を別に書く

 

大きく3つくらいに分けるのが、めんどくさくなくてちょうどいい思います。

 

そして私は、一ヶ月に使える金額を先に貯金(投資)分などを引いてから、決めていました。

 

こうやって予算を決めて家計簿をつけると、自分が何にいくら使っているかが見えてきて、毎月自由に使えるお小遣いも自然と決まってきます。

 

一時期は格安スマホガラケーの二台持ちにしたり、ポケットWiFiを持ったりして固定費の節約をしたりしていました。

 

・・・そのあたりは、また次回書きたいと思います。

 

その他にも、やはり外食よりも自炊のほうが健康的で生活費も安くなりますね。

 

でも節約だけではなく、余裕がある月は美味しい物を食べに行ったり、旅行したり、自分にプレゼントを買ったりしていました。

 

こうやってお金を管理してみると、私は毎月のやりくりが楽しかったです。

これを我慢してこれを買おうとか、月末はご飯が質素になったりだとか笑

 

まとめですが、家計簿をつけると自分のお金の使い方が見えてきて非常におススメです。

 

キャンパスノートを一冊買って、毎月の家計簿をつけてみてはいかがでしょうか!