普通のサラリーマンの貯金額を発表します!

30代の普通のサラリーマンって、どれくらい貯金しているのでしょうか。

 

今回は、私の貯金事情をお話しますね。

 

まずは全国平均から

インターネットで調べてみると、だいたい30代で平均300万円くらい貯金しているとのデータがありました。

 

例えばざっくりと、大卒22歳から32歳までの10年間で、平均年収300-400万円もらっているとします。月3万円くらい貯金していけば、合計300万円以上になりますね。

 

わたくし、普通のサラリーマンの場合

私の独身当時の話ですが、約7年間で貯金600万円になる予定でした。

 

貯金方法は大きく2つあって、

  1. 給与天引きで、自動的に毎月3万円引かれていました。⇒252万円
  2. ボーナス貯金で、年間50万円は貯めていました。⇒350万円

 

これを合計すると約600万円くらいになるはずでしたが・・・

 

 

実際の貯金額は150万円くらいでした。笑

なぜかと言うと、貯金の中から大学の時の奨学金の返済に250万円、車の購入に150万円、旅行に50万円ほど使いました。

 

なので、600万円-450万円=貯金額150万円でした。

 

旅行と車は完全な娯楽ですが、奨学金の返済がなかったら400万円くらい貯金できていたはずなので、まぁまぁ頑張ったほうかもしれません。

 

ちなみに貯金額の150万円うち100万円を株につぎ込んで、金融資産や社会勉強しています。

 

なかなか他の人と貯金の話とかできないんですが、どんな方法でどれくらい貯金しているものなんですかね。

 

私の貯金事情も参考になればと思います。