台湾の市民マラソンに参加してきました!

 

私はランニングを趣味にしていて、国内ではハーフマラソンやフルマラソンにも出場したことがあります。

 

そして、私は台湾が好きです。

 

ラソン×台湾

 

これしかないと思い、台湾でのマラソン大会への参加を目指しました。

少し前の話になりますが、よかったらお読みください。

 

 

メジャーな大会は台北ラソン

 

 

これは台湾でも最も大きなマラソン大会だと思います。台湾国内外から10万人以上が参加するマンモス大会です。東京マラソンみたいな大会ですね。

 

初めはこの大会への参加を考えていたのですが、人気大会のため参加できるかどうか分からなかったことと、その日はホテルや飛行機が安く取れないことから、普通のマラソン大会への参加に変更しました。

 

台湾語が分からない

 

 

インターネットで台湾のマラソン大会一覧のようなものを探していると、

「中華民國路跑協會」というサイトにたどりつきました。

 

根拠はないですが、安心のサイトだと自分に言い聞かせていました。笑

 

それは台湾語(中国語の繁体字?)のサイトなので、あまり分からないんですが、なんとなく文字から推測して、マラソン大会の一覧が載っているページを探し出しました。

 

そして、日付と場所を確認していき、タイミングが合いそうな大会をポチッと。

 

あとは国外からの参加も可能であることとクレジットカード払いであること、そのサイトおよび大会が安心であることを願うだけです。笑

 

これは私の勘ですが、台湾も日本と同じくらいのいわゆる先進国なので、日本と同じような感覚で申し込めばなんとかなるということです。

 

よほど怪しいサイトから申し込んだりしなければ、クレジットカードが悪用されたりはしないと思います。

 

ただ台湾のマラソン大会に関係なく、クレジットカードの明細は毎月確認することをおススメします。

 

あとは台湾旅行に行くだけ

 

 

ラソン大会に申し込む前に、飛行機とホテルの空きは確認しておきました。マラソンだけ申し込んで台湾に行けなかったら元も子もないですからね。

 

これで無事にマラソン大会に申し込み、飛行機とホテルも取りました。

あとはその日を待つばかりです。

 

そんな感じでマラソン当日

 

 

2泊3日で成田空港を出発しました。

ラソンは2日目の朝から10kmだったので、普通の台湾旅行に2時間くらいのマラソン観光を組み込んだような感じでした。

 

走る場所が駅から離れていたので、タクシーで地図を見せながら向かってもらいました。

 

着いてみるとけっこうたくさんの人がいて、安心したのを覚えています。

 

案内所みたいなところで自分の番号と名前を書いて・・・

私が日本人だと分かると、すごく丁寧に説明してくれて、周りの人たちも優しく接してくれました。

 

本当に台湾の人は優しいです。

 

参加者全員で体操をして、無事に10km走りきりました。f:id:futuno-sarariman:20181009104942j:plain

(こんな感じで、参加賞のTシャツを着て走りました。)

 

結果は、10kmを49分で走り10位だったようです!f:id:futuno-sarariman:20181009105454j:plain

 

正直不安もありましたが、非常に楽しい経験となりました。

今回ちゃんと参加できることが分かったので、次回は友人を誘ってまた走りに行きたいと思います。

 

もしこのブログを読んで海外マラソンに参加したいと思った方は、私が言うのもなんですが笑、初めはツアーで申し込むほうが安心かと思いますよ!