就活か大学院か他大学の大学院か

 

こんちには。普通のサラリーマンです。

 

就職活動の自由化がニュースになっていますね。

そこで今回は、「就活か大学院か他大学の大学院かに」ついて書いてみたいと思います。

 

ちなみに私は、

 国立大学→同大学院(修士課程)→就活→修士卒業&就職

という経歴です。

 

大学院に進学する際には就活は一切しておりません。

そして理系です。

 

私の友人の中には、同じ学部からそのまま就職したり、別の大学院に進学したり、博士課程まで進んだりと様々な人がいます。

 

それを見た上で、あくまで私の個人的な考えを書きますね。

 

先に結論です。

 

「結局自分で選ばないといけないことだけは確かです。色んな人から意見を聞いても、ネットの情報を得ても、最後の決断は自分でしないといけません。

 

自分で決断しないと、何かあったときに人のせいにしてしまいます。

逆に自分で決断すれば、どんな結果であっても人のせいにすることなく頑張れます。」

 

長くなりましたが、それでは書いていきますね。

 

私が大学院に進んだ理由

 

私は当初から研究系の仕事に就きたいと思っていました。

そうすると、就職の際も大学院卒が要件に入ってくることがほとんどです。

 

なので、初めから大学院に進むことしか考えていなくて、結果的に予定通り進学しました。

 

就職か大学院か

 

まずは「自分がやりたいことは何か」考える必要があると思います。

先ほどのように、大学院卒しか募集していない職種であれば、進学しないといけませんからね。

 

一方で、研究系ではなくて学部卒での募集がある職種なら、とりあえず就活をしたらいいと思います。

 

就活をしていくとその企業や職種のことを詳しく知ることができるので、

また進路に関する新しい考えなども浮かんでくると思います。

 

ただ、やりたいことわからなくて迷っているなら・・・

 

私にとって大学院(修士)の2年間は、自分が研究に向いているかどうかを分からせてくれる期間でした

 

 

私は2年間、研究中心の生活をしました。

学部卒とは、ここが大きく違うと思います。

 

学部卒であれば、研究する時間は実はそんなに多くありません。

就活もありますしね。

 

でも大学院では、自分の(もしくは先輩の)研究テーマをじっくり研究していきます。

研究の基礎の基礎はこの期間で培うことができます。

 

しかし同時に、私は残念なことに気づきました。

 

友人が一日中楽しそうに研究している姿を見て、正直、自分がそこまで研究に向いているとは思えなかったのです。笑

 

だから博士課程に進むという選択肢は全くなく、就職を希望しました。

 

自分の能力が高くないことは分かっていましたが、それでも研究に興味はあったし、研究のなかでもディスカッションや他者との連携など、他の能力では少しだけ自信がありました。

 

企業の研究であれば、研究以外の業務も必要だと思ったし、後々、企業内での異動も可能だと考えました。

 

そして実際に働いてみて、その通りでした。

 

企業の研究は研究だけではなく、それ以外の業務も当然ありました。他部署などとの関わりも多いです。大学のときの研究中心の生活とは別だと考えたほうがいいと思います。

 

私にはこちらのほうが合っているようでした。

 

改めて、就職か大学院か

 

先ほどの繰り返しですが、もし迷っているなら・・・

 

進学して研究中心の生活をしてみたらどうですか。

楽しいと思えるかもしれないし、逆にもう十分だと思うかもしれないし。

 

それはある程度の時間をかけないと分からないことだと思います。

そしてその時間をかける価値は十分にあると思います。

 

もしも向いてないと思ったとしても、その頑張った時間は絶対に無駄になりません。就職が無くなるわけでもありません。

 

ただここで、もしあのころの自分に言えるなら、

進学するとしても、学部のときに何社かくらいは就活をしてみても良かったのかなーと思っています。

 

両方を並行して実施するのはどちらも中途半端になる気はしますが、

早い段階で企業のことや職種などを調べて、いくつかに絞ってエントリーして、企業の雰囲気などを知っておくことは非常に良いことだと思います。

 

他大学の大学院進学は

 

私は実際に他大学院に進学していないので、友人を見て思ったことです。

 

その大学院でやりたい研究があって、博士課程まで進むつもりがあるなら、

他大学を選んでもいいのかなというのが私の印象です。

 

なぜかというと、他大学院で修士課程のみであれば、2年間しかありません。博士課程に進学せずに就活しようと思うと、実質2年も無いです。

 

しかしその大学にもともといた人は、学部のときからその研究をしているので、3年間くらい研究しているわけです。

 

つまり、追い付く(という表現が適切かわかりませんが)のはけっこう大変です。

 

就職のために今より偏差値の高い大学院に行きたい!

と考える人もいるかもしれませんが、私はそれはあまりおススメしません。

 

今は昔ほど学歴を重視した就活ではないと思いますし、(矛盾しますが、多少はあると思います笑)

大学がどこかよりも、その研究をしっかりやって学んだことを伝えるほうが就活には有利だと思います。

 

あともし他大学院に進むことを考えるのであれば、その候補の研究室には見学に行くべきです。

 

先生や研究室の雰囲気などは非常に重要みたいです。

 

実際に、あまり調べずに進学して雰囲気が合わず苦しんでいた友人がいましたので。

 

まとめです

 

まずは自分がやりたいことや興味があることは何かを考えることです。

そして最後は、自分で決断することです。

 

もしこの文章を最後まで読んでくれた方がいたら、お互い頑張りましょうね!