奨学金を繰上げ返済して、利息を20万円ほど減らしました。

先日のブログでもお話しましたが、私は大学生のときに奨学金をもらっていました。

 

www.futuno-sarariman.com

 

金額は月5万円を4年間で、240万円です。

ちなみに利子ありです。

 

ただし奨学金だけで生活していたわけではなく、親からの仕送りもあり、アルバイトもしていました。

 

おかけで、比較的自由で楽しい大学生活を送れたと思っています。

両親には改めて感謝です。

 

ところで、最近のニュースで奨学金返済の裏技なるものが紹介されていました。

 

内容としては、学費が安い通信制大学に籍を置いて、奨学金返済を猶予してもらう方法らしいです。

 

うーむ。。

 

これって大学に一生在籍し続けないと、返済を先延ばしにしただけですよね。

 

そうなると通信制大学の学費分も多くお金を支払うことになるから、それなら頑張って返済をしたほうがいいような。

 

ちなみに奨学金って返済期間が長いので、毎月の支払いはそれほど多くないはずです。

 

その分、全体で支払う利息分はなかなか高い気がしますが・・・

 

奨学金の返済って、社会人になったとたんにいきなり目の前に現れるんですよね。

 

学生のときの私も、奨学金のことをそれほど深く考えていなくて、まるで仕送りの一種のようだと感じていました。

 

だから奨学金は一種のローンだと学生本人が認識してから借りる必要があると思います。

 

奨学金を借りて良かった

 

もちろん出来るなら借りたくはないですが。

 

しかし、お金を借りたからには勉強して卒業しなきゃという気持ちもありましたし、社会人になっても返済しなきゃという気持ちもありました。

 

なんとなく大学に通う私にとっては、仕送りのように感じることもありましたが、一種のモチベーションにもなっていたように思います。

 

だからもしいつか子供が大学にいくのなら、自分が親にしてもらったように、仕送りはしつつも奨学金を借りて勉強してほしいと思います。

 

そのときはお金を借りること、返済しなければならないことをしっかり伝えて、学生生活をエンジョイしてほしいなと思います。

 

やっと奨学金の利息を減らした話

奨学金の返済方法の計算は複雑で、私は正確には分かっていません。

ただ毎月の返済額が一定で、その金額の中に利息分が含まれ、利息の額が毎月減っていきます。

 

詳細は日本学生支援機構のサイトをご確認ください。

 

ざっくりと説明します。

 

毎月1万円づつ返済していくとします。

その返済額の1万円の内訳が、1ヶ月目は8000円が返済分で2000円が利息分、2ヶ月目は8500円が返済分で1500円が利息分・・・

 

このように毎月の返済の一定額の中で、返済分が増え利息分が減っていくイメージです。

 

つまり、始めのほうは利息分が大きくなっています。

 

繰上げ返済とは

 

 

繰上げ返済するという方法もあって、こうすると返済する利息分が少なくなります。

 

これは毎月の返済に加えて、まとまった金額(全額でなくて良い)を返済することができます。

 

例えば私の240万円の場合は、毎月1.5万円で15年間かけて返済してく予定でした。

 

これだと最終的な支払い総額が約270万円になって、利息だけで30万円です。

 

高くないすか?笑

しかもその利息の支払いは、始めの月ほど高いわけです。

 

つまり、繰り上げて早く返済するほど、支払う利息は少なく済みます。

 

そこで私はボーナス時に70万円くらいを3回支払うことで、

約3年間で全額返済しました。

 

まとめると、

 

毎月  1.5万円×36ヶ月=54万円

不定期 65万円×3回=195万円

 

合計250万円くらいでした。

 

自分としてはかなり頑張りました!

 

この方法で当初より利息が約20万円減りました。

 

なんか怪しい借金の文章みたいになってますね。笑

 

繰上げ返済についても、詳細は日本学生支援機構のサイトに詳しく書いていますので、確認してみてください。

 

最後です

 

 

私は奨学金は良い制度だと思っています。

 

しかし受け取る学生本人が、借りていることを自覚することが重要だと思います。

 

そして奨学金の利息がある方は、繰上げ返済で少しでも利息を減らすことがおススメです。