普通のサラリーマンの生活費を公開します

 

私の独身時の生活費について話してみます。

 

20代中後半で、当時の年収は400万円くらいです。

(月25万円とボーナスが100万円くらい)

 

ここから税金とかかなり引かれていきます。

サラリーマンから税金取り過ぎなんじゃないかなーといつも思っていました。 笑

 

私は、お金に対する考え方や使い方は本当に千差万別だと思っていて、

育った家庭とか環境で違いますよね。

 

興味はあるけど、でもあまり日常でこういう話はしないので、

ちょっと参考に書いてみたいと思いました。

 

他の方ははどうなんでしょう。

 

 

それでは。

私はお金に関して、適当に使い過ぎるのは嫌です。

自分が使える金額を決めて、その中でやりくりしていくのが好きです。

 

そこで私なりのお金に関するルールを作っていました。

 

私のルール

・手取り月給で生活をする。

 ⇒自分が使えるお金がこれです。

 

・ボーナスは貯金する。

 ⇒実際は、奨学金の返済とか車の購入に使いました。

 

・給与天引きで、自動的に3万円貯蓄をする。

 

・クレジットカードは一括払いのみ。

 ⇒分割払いとかリボ払いは無しです。手数料がかかるので、お金が無いなら買えないのは当然のこと。

 

・簡単な家計簿をつける

 ⇒自分が何にどれくらい使っているかを毎日ざっくりと記録しています。

 

家計簿については、こちらの記事をどうぞ。

 

www.futuno-sarariman.com

 

そして、これらのルールのもとで、実際の私の生活費はこんな感じでした。

 

私の生活費(家賃抜き)   手取り合計 16万円くらい

 食費・日用品費             6万円

 光熱費(電気、ガス、水道)         1万円

 スマホ・ネット                                      1.2万円

 習い事                                                       1万円

 奨学金の返済                                         1.5万円

 雑費(クリーニング、病院、お祝いとか)1万円

 残りがお小遣い                                     3-4万円くらい

 

どうですか。

 

考え方が安定志向ですね。

 

普通のサラリーマンだなと我ながら思いましたよ。笑

 

補足すると、金額は全部およそで、正確には決めていません。

 

例えば何かを節約したらお小遣いが増えるし、使い過ぎたらお小遣いが減ります。洋服を買ったり旅行に行くときは、お小遣いを積立たりしていました。

 

こういうやりくりが、私は意外と楽しかったのです。

 

一時期はスマホ代を節約しようと思って、ガラケースマホの2台持ちをしていたときもありました。そのときはスマホ代が半額で、浮いた分を使っていました。

 

そしてこのルールやお金の使い方のいいところは、給与が上がってくると余裕ができる点です。

 

会社の業績によりますが、基本的には給与は年々上がります。最初のころに贅沢をしない生活のリズムを作っていれば、給与や生活の質に不満を持ちにくいなぁと思います。

 

実際に、あまり給与に不満は持ったことがありませんしね。

 

そもそもですが、私は物欲が大きくありません。

 

さいころから贅沢な生活はしてこなかったけど、それなり満たされていたからですかね。

 

今の世代ではよく言われますよね。

 

しかし、食事とか毎日使うような物は、少し良い物を選びます。

メイドインジャパンを選ぶ感じです。

  

最後に一つだけ強調したい点ですが、

 

私はこの生活でけっこう充実していたということです。

 

欲しい物はだいたい買えましたし、海外旅行も行っていましたので。

 

ただ、こんな普通のサラリーマンの生活についても、今ではその考え方が少しづつ変わってきています。

 

今後のブログで書いていきますね。