父と飲んだ話

 

2018年にやることとして、

・父と二人で飲みにいく

・母と一緒に運動をする

 という目標を立てました。

www.futuno-sarariman.com

 

そしてついに先日、父と飲みにいったので、報告します。

これで一つ目の目標は達成です。(母との目標も今月達成予定です。)

 

私の出張で実家の近くに寄ることがありました。

そこで前もって連絡して、父を夜ご飯に誘いました。

 

父はその前日も飲み会だったらしく、終始眠そうでしたがね笑

 

男二人で飲むのって、なんですかねー

 

少し照れます。

そして良い格好しようとしている自分がいました。笑

 

男ってそんなものかなー

 

 

特に仕事の話などになると、当然お互いのポジションや年代、考え方が違うので、

ちょっと言い争いのようにもなりました。

 

本当はそんなことなんてどうでもよくて、

お互いにお疲れ様って飲みたいだけなのに。

 

さらに、私の子供のころの進路の話になりました。

 

父は「自分は息子に将来を強制したことはない」とか言うもんだから。

 

そんなわけないだろうと。

 

物心ついたときから勉強しろと言われていたし、理系の大学に行かないなんて考えたこともなかったし、大企業に就職しないなんて有りえなかったし。

 

他の選択肢なんてなくて、それが正しいと思っていたんだから、それって強制でしょ笑

 

だからか、私は自分の子供には自分で道を選んでほしいと思ってる。

 

出来る限り若いうちにたくさんの経験をして、その中から、自分が決めた道で、自分の力でこれからの時代を生きていってほしいと。

 

そういう話をして、なんか自分に自己嫌悪でした。

 

確かに子供のころは自分で道を選んで来なかったけど、それも自分が弱かっただけだし、それに気づいてから、じゃぁ自分はどうしたかったのかって話。

 

当時の私は実際に両親に反発もしたけど、結局今となってはすごく感謝している。

 

色んな感謝の気持ちも述べたかったけど、それは出来ませんでした。

 

次に酒を飲むときには、文句ではなく感謝をしっかり言わないと、と思いました。

 

なかなか素直になれませんが、それでも二人で飲み行けたことは良かったです。

 

 

来年はただ飲むのではなくて、何かしらダーツやらビリヤードやらでもやりながら飲みに誘いたいと思います。

 

そのほうがお互い楽しく飲めそうな気がします!