普通のサラリーマンの普通脱出ブログ

「単身赴任中の育児」や「自分の今後のこと」、そして「取り留めもない普通のこと」を書いていきます

モンガに散る

台湾と言えば、実は台湾マフィアが有名だ。

けっこう前に日本でもニュースが話題になったことがある。

 

その台湾マフィアの抗争と若者の青春を描いたのがこの台湾映画。

 

モンガ(艋舺)とは、台北の観光地で有名な龍山寺界隈を指すそうだ。

そのモンガ地区を舞台として、一昔前の台湾の不良若者がマフィアの世界に足を突っ込んでいき、抗争に巻き込まれていく。その過程では、若者たちの友情や恋愛などの青春が織り交ぜられている。

 

一度は見る価値がある。

 

しかし、ストーリー的には日本のヤクザ映画には少し劣るかなというのが私の印象。

そのあたりも比べてみてほしい。

 

 

モンガに散る [DVD]

モンガに散る [DVD]

 

 

実は私はこのDVDを持っている。

5年くらい前に台湾に遊びに行ったときに、台湾人の友達におススメされてから購入した映画だ。

 

そういえばそのとき、龍山寺でお参りをした。

龍山寺には学業、健康、縁結びなど様々なご利益があると言われている。

 

参拝の方法をあまり分かっていなくて、見よう見まねで線香に火をつけて拝礼していたら・・・

 

後ろの人の線香が私の首あたりにあたって、火傷した。

 

健康とか願っていたので、逆にケガしてるやないか。笑

 

龍山寺の良い思い出だ。