私の結婚観のようなものを

年末年始に飲みにいくことが多くて、年齢のせいもあってか結婚とか家族の話が多かった。

 

普段はあまり考えたことがないが、私なりの結婚観のようなものを書いてみようと思う。

 

私の結婚歴はそんなに長くないでの、それを考慮にいれて読んでほしい。

 

まぁあまり興味はないと思いますが、お付き合いください。

 

 

結婚にこだわりがあるわけではなかった

 

小さい頃から漠然といつかは結婚すると思っていたが、そんなに結婚に憧れたわけではない。

 

今は昔ほど「結婚結婚」と言われないと思うし、離婚、独身、同性婚などの言葉も広がりつつある。

 

私もその考えを否定するつもりはない。

その人それぞれの考えだから、自由にすればいいと思う。

 

結婚はゴールではないと思っていて、むしろそこからのほうが色んなことがある。

 

私は結婚を選んだ

 

カッコつけるつもりはないが、結婚しようと決めたそのときは、その人に私が必要だと感じたことが最も大きい理由だった。

 

付き合いが長いなかで、「よし結婚しよう」と思ったのは衝動的な瞬間だった。

 

落ち着いて考えてみると、私の場合、相手が精神的にも経済的に強くて一人で生きていける人だったら、たぶん結婚したいと思わなかったんじゃないだろうか。

 

もちろん、全てにおいて私が強いといわけではなくて、どこか1つでも自分が必要とされる部分があって、それと同時に、相手にも自分に無いものや尊敬できる部分があって。

 

そしてその人と、一緒に暮らしていきたいと思ったし、出来れば子供も欲しいと思った。

 

つまり結婚したい人だなと思っていた中で、衝動的なきっかけがあったからという感じである。

 

本当は関係ないとはいえ、お互いの両親の顔が浮かんだことも事実だ。

 

 

結婚はゴールではないと思う

 

私は結婚して良かったと思っているし、楽しいことのほうが多い。

 

しかし当然だが、育った環境も違うため、価値観は違う。

世の中の夫婦の多くが、些細なことでもお互いに言いたくなるようなことはあると思う。

 

私たちはあまり相手を気にしない性格のためか、もめることは少ないと思う。

けんかもほとんどしないし。

 

結婚がゴールだとか、理想的で綺麗なものだとはあまり考えないほうがいいと思っている。

 

結婚前も色んなことがあったけど、結婚後はもっと色んなことがあるんだろうな、

それを一緒に楽しんでいきたいな、くらいがちょうど良いんじゃないだろうか。

 

今は自分が成長することが一番だと感じ始めている

 

これは子供ができてから特に感じ始めた。

 

一緒にいると、つい相手に何かを求めたり、こうなってほしいと期待したりしてしまうことがある。

 

しかしそれは、たぶん良くないことで、相手ではなく、まずは自分に目を向ける必要があるのではないかと。

 

日々、自分自身が成長し変わっていくことができれば、それは自分の喜びにもなるし、心にも余裕ができると思う。

 

それを隣で感じることで、お互い良い影響を受けることができるはず。

 

なんて、だんだん書きながら自分に言い聞かせている感が強くなってきた笑

 

結論は

 

書きながら気づいたが、どうやら私が結婚を語るには10年早かった。

家族を大切にしながら、私自身がこれからも日々成長していけるように頑張る。